SoftBank回線の格安SIM比較・まとめ

2019年4月6日

ソフトバンク回線プランのある格安SIM会社は、ドコモ回線やau回線と比較してその数は少ないです。

ただ、メジャーな会社であるLINEモバイルやY!モバイル、mineoといった安心のブランドがそろっているため選択肢が狭まって初心者には分かりやすい構図ともいえるでしょう。

今回は、そんなソフトバンク回線プランのある格安SIM会社4社を一覧で比較していきます。

■ソフトバンク回線の格安SIM会社一覧~月額料金で比較~

まず、格安SIMへ乗り換えるにあたって最も気になるのが月額料金です。

上記の表では、音声(電話)+データ通信の両方ができる完全なプランの料金を一覧にしています。

安く快適に利用できるプランならLINEモバイルに軍配が上がります。

【LINEモバイル】

・LINEやTwitter、Instagramなどにかかるデータ通信量がフリーカウント

格安SIMの特色としてフリーカウント制度があります。

総務省の勧告で将来的な継続性は疑われはじめたものの、まだまだ有益なサービスとなっています。

LINEモバイルでは、LINEなどのSNSにかかるデータ通信量がカウントされず使い放題というメリットがあります。

SNSがスマートフォン利用の中心という人には非常に大きなメリットとなります。

【Y!モバイル】

・高速な回線速度

・国内通話10分以内なら通話料無料

・無料で使えるWi-Fiスポットが450,000カ所と圧倒的

・60歳以上なら通話料が回数・時間ともに無制限で無料になる(スーパーだれとでも定額オプション)

(かんたんスマホ。さらにオプション料も無料に。)

×SoftBankSIM端末であってもロック解除が必要

Y!モバイルは、他社と比べてプラン料金は高めですが、自前の回線も所有しており回線速度が高速かつ安定していることで有名です。

国内通話10分以内なら通話料無料で利用できるパックが含まれた価格のため1年目の割引期間は非常にお得感があります。

他の格安SIM各社では数千~数万カ所といったWi-FiスポットもY!モバイルは45万カ所と圧倒的なサービス内容となっています。

さらに、高齢者向けのかんたんスマホがあるのもY!モバイルの特徴です。

だれとでも通話料が無料になる1,000円~1,500円/月のオプションが無料で使えるため高齢者にも向いている格安SI業者です。

【mineo】

・3キャリア対応

・mineoユーザー同士でデータシェア!たすけあいの「フリータンク」機能あり

・ユーザーコミュニティサイト「マイネ王」など独自サービスあり

・エンタメオプションも充実

・遠隔サポートあり

・訪問サービスあり

mineoは、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリア対応の格安SIM業者でコストパフォーマンスとユーザーサポートに定評のある会社です。

割安な基本料金から豊富なエンタメオプション、シニアやジュニア向けオプションやユーザーサポートオプションまで徹底されている点が特徴的です。

【nuroモバイル】

・データの前借り制度あり

・遠隔サポートあり

・訪問サポートあり

nuroモバイルは、上記各社と比べて突出した特徴として業界初のデータ容量前借り制度を導入していることが挙げられます。データ追加による課金なく翌月のデータ容量から最大2GB分まで無料で前借りできる便利な制度となっています。

ほか、有償ですが訪問サポートや遠隔サポートも実施されています。

ここまでの結論としては、SNSが利用の中心ならLINEモバイル、エンタメサービスを多用するならmineo、通話が多めのユーザーや60歳以上のユーザーで通話がメインならY!モバイルが第一の選択肢となるでしょう。

■ソフトバンク回線の格安SIM会社一覧~故障時の対応で比較~

つづいて気になるポイントは故障時の対応です。

万が一、端末が故障してしまった場合に通常は修理期間として2週間程度かかります。

その間、連絡手段がないという事態になってはビジネスやプライベートにも大きな支障をきたすことでしょう。

そんな事態を避ける為に便利な制度が端末保証サービスです。

各社ともに、いざというときの修理・交換金額を低減できたり代替機の貸し出しを行っています。

キャリア店舗での即日対応と比較すると、どうしても日数は多くかかりますが許容できる範囲内で済むでしょう。

万が一の対応が充実しているのはY!モバイルです。

故障や破損、水没への保証に加えて盗難・紛失時の特別価格での端末販売、1年以上の継続利用でバッテリーパック交換、セキュリティやデータ復旧支援にいたるまで、至れり尽くせりの保証が利用できます。

とはいえ、各社ともに万が一の対応がしっかりしているので、ここでは致命的なデメリットはありません。

ここまでの結論としては、SNSが利用の中心ならLINEモバイル、エンタメサービスを多用するならmineo、通話が多めのユーザーや60歳以上のユーザーで通話がメインならY!モバイルが第一の選択肢と不変です。

■まとめ

今回はソフトバンク回線プランのある格安SIM業者14社について月額料金と故障時の対応にて比較しました。

本記事は、格安SIM業者選びの一助となれば幸いです。