ロケットモバイルの特徴、2つのメリットと2つのデメリット

2019年4月4日

格安SIMの中でも業界屈指の低コストでサービスを提供しているのがロケットモバイルというMVNOです。同社の格安SIMには具体的にはどんなメリットやデメリットがあり、どのような考えを持つ人に向いているのかを解説していきます。

●ロケットモバイルのメリット

まずはロケットモバイルのメリットを解説していきます。

料金が業界最安水準

ロケットモバイルを語る上で欠かせないのが月額基本使用料の安さです。

ロケットモバイルでは通信速度こそ最大で200kbpsと低速ではありますが、通信がし放題の「神プラン」というプランがあり、このプランは月額298円+税から利用ができます。

実際に筆者もロケットモバイルの神プランを契約してiPadで利用していますが、Pokemon GOやネットラジオ、カーナビアプリなどは全く問題なく使えています。

さらにアンケートやアプリのダウンロードなどで「ロケモバポイント」という独自のポイントを貯めることができ、貯めたポイントは毎月の通信料金の支払いに使えます。筆者は実質的には毎月250円前後の料金でiPadを運用できています。

2つの回線から選べる

ロケットモバイルはドコモ回線を利用したプランとソフトバンク回線を利用したプランがあります。

ドコモ回線のプランであればdocomoから販売されたスマホやタブレットがそのまま流用できますし、ソフトバンク回線のプランであればソフトバンクから販売されたiPhone(5以降の機種)がそのまま流用できます。

●ロケットモバイルのデメリット

続いてロケットモバイルを利用する上での注意点を解説していきます。

端末のセット販売がない

MVNOの中にはSIMフリーのスマホやタブレットなどをセットで販売しているケースが多いのですが、ロケットモバイルではセット販売がありません。

SIMフリーの端末を独自で用意するか、現在使っている端末を流用するなど、利用する端末は自分で用意する必要があります。

動作確認済端末数が少ない

公式サイトで紹介している動作確認済端末の数が非常に少ないです。初心者の場合、自分が使おうと考えている端末がちゃんと使えるのか分からなくて困ってしまうと考えられます。

●ロケットモバイルはどういう人に向いている

ロケットモバイルの特徴を鑑みると次のような人にロケットモバイルは向いていると考えられます。

  • とにかくスマホ代を安くしたい
  • サブ端末用に安い格安SIMを探している
  • ある程度格安SIMに関する知識がある

ロケットモバイルを上手に活用して、賢く通信費を節約したいですね。