格安SIM・格安スマホでテザリングは使える?そもそもテザリングってなに?

2019年3月25日

急な出張などで外出先でパソコンをインターネットに接続して使いたいときがあります。

ちょっとした地図検索やウェブ検索ならスマートフォンでもできますが、資料の修正など少し手間のかかる作業はパソコンで行った方が便利です。

1人暮らしであれば、自宅用と外出用を兼ねて格安SIM会社からWi-Fiルーターを契約するのもありです。

ただ、別途費用がかかるのは悩みもの。

今回は、スマートフォンでできる簡単な方法「テザリング」について解説いたします。

■テザリングとは?

テザリングとは、自身が接続している回線に、他の機器でも接続できるよう分波する機能をいいます。

スマートフォンでテザリングをONにすると回線が分波されます。

Wi-Fi電波をキャッチできるパソコンであれば無線一覧にお使いのスマートフォンが発信する電波名が表示されるはずです。

その表示名をクリックするとパスワードの入力が求められます。

スマートフォン側に表示されたパスワードを入力することでパソコンでもインターネットが利用できるようになります。

■格安SIMでもテザリングできるの?

一般的には格安SIMでもテザリングできます。

特に専用アプリなども必要なく、設定からテザリング機能をONにするだけの簡単操作で使用できます。

ただし、ごく一部の機種や格安SIMのプランによってはテザリングに対応していなかったりすることがあります。

たとえばmineoでは、公式サイトにて動作確認済み端末検索サービスを提供しています。

ここでお使いの機種と利用プランを選択すると、データ通信や音声通話、SMS、そしてテザリングが利用できるかどうか〇×形式で一覧表示してくれます。

楽天モバイルでも、動作確認済み端末ページにてテザリングの使用可否をチェックすることができます。

そのほかの格安SIMにおいても、契約する前に必ずテザリングができるかどうか確認や問い合わせをしておくようにしましょう。

■テザリングの種類

楽天モバイルの動作確認済み端末ページを利用すると、テザリングの使用可否に「USB」や「Wi-Fi」という言葉が出てきます。

ここでは、これらの違いを簡単に説明いたします。

・USBテザリング

USBコードを使用してスマートフォンとパソコンなどを接続することでネット回線を共有します。

無線タイプであるWi-Fiテザリングと比べて、コードは邪魔になりますが安定かつ高速なネット利用が可能となります。

・Wi-Fiテザリング

両端末の間を無線で接続してインターネット回線を共有します。

テザリングというとこの方法が、もっとも一般的な接続方法となっています。

USBテザリングと比較すると安定性や高速性に欠けますが実用十分なネット環境が実現できます。

・Bluetoothテザリング

上記と比較してあまり一般的ではない方法になります。

バッテリーの消費量を抑えることができますが、回線速度が遅く利便性は低いでしょう。

■まとめ

格安SIMであっても格安SIM各社ホームページにある動作確認済み端末でテザリング可能と表記されていればネット回線の共有が可能です。

契約前には、十分に確認・問い合わせを行うなどして利用するようにしましょう。

ちなみに、パソコンでのインターネットはスマートフォンなどと比べて通信量を多く消費します。

外出先で頻繁にパソコンでインターネットを楽しみたいという場合には、Wi-Fiルーターの利用やデータ容量の大きい格安SIMプランを選択するようにしましょう。

あわせて読みたい