MVNOに乗り換える為のSIMロックの解除

2019年3月19日

スマホの中には、SIMカードが内蔵されています。

そのカードはロックがかけられているのですが、実は解除する事もできます。

SIMロック解除には乗り換えに関するメリットがあって、MVNOに変える事も可能なのです。

SIMロック解除は義務化された

SIMロックされていると、使用できる機種は限定されてしまいます。

Aという会社のキャリアのスマホを使用している場合、SIMロックされたままではBやCなど他社の携帯を利用できません。

あくまでもA限定になります。


ところが、近年SIMロック解除が義務化されました。

ユーザーからの要望があった時は、キャリアとしてはロック解除の手続きを受付ける必要があるのです。

それに伴い、格安な通信会社に乗り換える事もできるようになりました。

SIMロックされているとMVNOに乗り換えできない

他社に乗り換えるのは、様々なメリットがあります。その1つは携帯の使用料金です。

キャリアの機種を使用している方は、しばしば料金に不満感を抱いています。やや高すぎるからです。

しかし格安SIMですと、たいてい料金は下がります。

状況次第ですが、月数千円ほど下がる事が多いです。またキャリアよりも、MVNOの方が機種の選択肢も幅広いです。

ところがSIMロックされた状態ですと、MVNOに乗り換える事もできません。

上述のA社のように、1つのキャリアに限定されてしまいますから、高い通信料金のまま使い続ける事になってしまいます。

ですが幸いにも、最近になってSIMロック解除を自由に行えるようになったのです。

一部の端末は解除不要

なお端末によっては、たまに例外があります。

一部のキャリアが提供しているスマホですと、わざわざSIMロック解除する必要はありません。

上記のようにA社のスマホを使用しているなら、A社のグループ企業のMVNOに乗り換えをすれば、わざわざ解除する必要は無いのです。

SIMロック解除の申し込みはWebがおすすめ

ちなみにSIMロック解除するためには、キャリアに申し込みしなければなりません。店舗でもWEBでも申し込みできますが、基本的にはWEBにするのがおすすめです。

というのも店舗で申し込みしてしまいますと、SIMロック解除の事務手数料を支払う事になるからです。3,000円前後の手数料がかかってしまいます。

しかしWEB申し込みであれば、その手数料も無料になるのです。

ロック解除の作業は自分で行う必要がありますが、手数料を考慮すれば、やはりWebの方が良いでしょう。