端末を移行すると電話番号やアドレス帳はどうなるか

2019年3月19日

格安スマホに乗り換えると、電話番号が不安になってしまう事もあるでしょう。

ですがスマホを乗り換える際に、番号が変更される事はないのです。

ただしアドレス帳などは、移行前に保存しておく方が良いでしょう。

MNPなら端末が変わっても番号は変わらない

携帯が変わりますと、今までとは状況が大きく変わります。

新しい端末に乗り換えれば、また違う操作感になりますし、使用するアプリも色々変更されるのです。

そのため、今まで使っていた電話番号が使えるかどうか不安になってしまう方も多いです。

しかし格安スマホに移行しても、電話番号は変更されません。

MNPと呼ばれる手続きを踏めば、番号はそのまま使用できるのです。

具体的な手続きの流れですが、まず乗り換え前の通信会社に連絡します。

そしてMNPの予約番号を発行してもらうのです。

その予約番号を、乗り換え後の通信会社に伝えるのです。

すると乗り換え先の通信会社が事務手続きを進めて、今まで通りに番号を使える状態にしてくれます。

アドレス帳も使い続けられる

またアドレス帳を心配している方も多いです。

知り合いの人数が多い方は、アドレス帳に電話番号やメアドなどを保存している事も多いですが、その電話帳を使い続けたくなる事もあるでしょう。

大人数の電話番号を保存しているなら、スムーズに電話帳を引き継ぎたいものです。

アドレス帳も、移行は可能なのです。

その選択肢は色々あって、通信会社の移行サービスを利用するか、SDカードなどに保存しておく方法があります。

ただし通信会社のサービスの場合は、有料になる事も多いので注意が必要です。

一番手軽なのはGoogleアカウントです。

一旦は乗り換え前のアドレスをGoogleに保存しておき、乗り換え先でもそのGoogleのサービスを使い続ければ、アドレスは継続利用できます。

乗り換える前にバックアップしておく

また格安スマホに移行するなら、バックアップしておきましょう。

バックアップとは、データの保存の事です。

そのやり方も複数ありますが、例えば上述のSDカードです。

一旦そのハードウェアにデータを保存しておいて、乗り換え先のスマホでカード内のデータを引き続き使う事になります。

もしくは、ストレージ型のサービスがあります。

上述のGoogleもその1つで、そもそもGoogleは倉庫のようなサービスを提供しているのです。

Googleの倉庫の中に画像や動画などを保存しておいて、乗り換え先の端末で使用する事になります。

あわせてよみたい