格安SIMで通話の品質や、ゲームアプリの動作はどうなのか

スマホの料金を削減したいと考え、格安SIMを検討しているが、通話の品質が気になる、安定はしているのか、アプリは問題なく動くのか

様々な疑問をお持ちになるかと思います。今回はそんな疑問などについてまとめてみましたので、参考になさって下さい。

通話の品質について

格安SIMは安い分、繋がり辛いのではないか。電波が悪いのではないか。ノイズが多いのではないか。

安かろう悪かろうと言いますが、心配になってしまうかもしれません。

結論から言ってしまえば、大手のキャリアとほとんど同等の品質と言えます。

通話の品質は、事業者によって左右されるのではなく、環境によって左右されるためです。

スマホやガラケーを使った経験のある方は、場所によって繋がり辛かったり、ノイズが乗ったり、

場合によっては途中で切れてしまったりなんていうことがあったかも知れません。

それと同様に格安SIMでも、環境が悪ければ上記のように、品質が悪いときもあれば

通常の環境下であれば何の問題もなく通話をする事が可能となります。

また、新たにVoLTEという通信技術が登場し、対応機種同士では、よりキレイな音質で通話が出来るようになっています。

対応機種同士でなければなりませんが、こういったものがあるということも頭に入れておくと良いかと思います。

LINEやSkypeなどネット回線を利用した通話は、上記には当てはまりません。

通話回線とデータ回線は別物になりますので、データ回線が混雑などをしていて安定していない状況な場合には、

LINEなどの通話はノイズが乗ったり、途切れたりしてしまいます。

音声通話とは、音声データを送受信する仕組み自体が異なる為、データ回線の環境が良い場合でも通話が途切れてしまう事もあります。

動作アプリについて

上記で少し触れましたが、LINEやSkypeは問題なく使用することが可能です。

注意が必要なのは、ゲームアプリですが、筆者がプレイしているパズドラ、モンスト、ポケモンGOは

低速モードでも問題なく動作します。

しかし、全てのゲームアプリが低速モードの状態で動くとは限りません。

特にMMORPGなど、多くのデータを送受信するアプリの場合には注意が必要です。

低速モードの状態で動くアプリの場合も、アプリの更新は不可能と言えるでしょう。

低速モードの状態でアプリを更新したい場合はwi-fiなどを使用する必要があります。

通信速度は料金プランによりますので、プレイしたいゲームアプリがある場合は、契約前にサポートに確認したり

事前に調べたりする必要があると言えます。