LINEモバイル乗り換えのメリット、デメリット

2019年3月12日

料金プランが充実、通信の切り替えができないLINEモバイル

メリット

LINEモバイルは、マイネオやラクテンモバイルと同じくらい業界最安値料金となっています。

特にデータSIMは月額500円程度となっており、音声通話を使用しない人にとっては大きなメリットがあります。

音声通話を使用する人は、1gbのプランを使用すると月額1200円程度で契約することができて、楽天モバイルやマイネオを同じくらい業界最安値料金となっているのです。

通信容量は、普段自分が使用している容量から選ぶことができるため、メールやインターネットの閲覧しかしない人にとっては1gbのプランでも十分です。

LINEモバイルの通信容量は、1gbから10gbまで用意されておりますが、他の格安SIMよりも最大容量が低くなっているため注意が必要になります。

プランの変更は自由にできる

また通信無制限のプランもないので、毎日動画やゲームをする人にとってはデメリットを感じるかもしれません。

一方で、繰り越しができるようになっているので、あまり使わなかった月があっても、翌月たくさん使用することができるので安心してください。

またプランの変更は自由にできるため、契約している自分のプランが合わなくてもいつでも変更することができるのです。

大手キャリアではデータ通信の繰り越しができないことやプランの変更が複雑になっていますが、LINEモバイルはとても簡単にプランの変更やデータの繰り越しができるので利用するメリットは大いにあります。

デメリット

LINEモバイルは、大手キャリアでは使用することができたキャリアメールは使用できなくなっています。

これは他の格安SIM全般に言えることですが、メールを使用する際はフリーメールを使用することになります。

どうしてもキャリアメールを使用したい場合は、格安SIMのLINEモバイルではなく大手キャリアを使用することをお勧めします。

LINEモバイルは、低速モードや高速モードを選択することができなくなっているので、通信量を自由自在に管理することが難しくなっています。

低速通信や高速通信を選択することができれば、高速通信量をコントロールすることができます。LINEモバイルはこれらの切り替えができないため、大きなデメリットとなっているのです。

格安SIMの中では、料金プランが充実しており料金も低く設定されているため、毎月の料金を重視している人は大きなメリットがありますが、キャリアメールが使用できないことや低速通信・高速通信の切り替えができなくなっていることなど注意しなければならないこともあります。

公式サイト→LINEモバイル